在学生Voice在学生Voiceトップに戻る

観光学部 ウェルネスツーリズム学科

観光客に「来てよかった」と
地域づくりに貢献したい

関 克也さん
出身:神奈川 自由の森学園高等学校

観光学部を選んだ理由を教えてください。

 将来観光町おこしをしていきたいと考えていたため「観光」について学べる学部を志望していました。 キャンパスは観光資源が豊富にある鴨川市にあります。そこでフィールドワークを通して体験的に観光を学べるということ、学科名にもあるウェルネスツーリズム、"心身ともに健康になれる旅"の基である「環境との調和」、「地域との共生」は町おこしには重要であると考えたからです。

観光のまちづくりについて学ぶ「地域プロジェクト」について教えてください。

 学生生活の中で授業や課外活動など多くのプロジェクトに参加する機会があります。その中でも成田地域道の駅プロジェクトは、3日間で成田国際空港、空の駅風和里しばやま、道の駅オライはすぬま、蓮沼海浜公園、道の駅風和里しばやまを中心に道の駅の現状地域の環境、環境資源の調査を行い、3地域の道の駅や商工関係の方々とワークショップを行いました。
 その中で、成田地域にどのように人を呼ぶか、生活しやすくするか。また自分の地元の生活環境や鴨川市の環境の違いから、どこでも同じことでうまくいくのではなく、その地域の個性を生かした、その地域ならではのアイディアが必要であることを現場に出ることで学べました。

将来の目標(夢)を教えてください。

 観光町おこしの現場に出て観光客、地域住民に「この地域に来てよかった」や「この地域は住みやすい」と思ってもらえる地域作りに貢献したいと考えています。そのために、在学中に観光に関する資格取得や多くのプロジェクトや意見交流会に参加し城西国際大学の「観光学部」出身と誇れるよう深い学びをしていきたいです。

観光学部はどんな学部ですか?

 地域のプロジェクトやボランティア活動を中心とした活動の中で地域とのかかわりが非常に多いです。また、授業の中で多様な観光形態や考え方を学ぶことや、研修、留学、留学生との交流の中で自分の将来の目標を持つことや、その目標に向けてしっかりと学んでいく環境が整っています。