在学生Voice在学生Voiceトップに戻る

薬学部医療薬学科

他学部の学生と一緒に授業を受け
さまざまな支援を知ることができた

橋本 実果さん
出身:千葉 国府台女子学院高等学校

薬学部を選んだ理由を教えてください。

 昔、「クスリを飲むと、どうして病気が治るの?」、「クスリはどうして飲む時間や量が決められているの?」と疑問に思ったことを覚えています。そのことがきっかけで、幼少期より「将来は薬学部で学びたい」と思っておりました。高校生の時、いろいろな大学のパンフレットを見ていると、城西国際大学の国際教育に目が留まりました。大学に入ったら海外の大学への短期研修に行ってみたいと思い、この大学に進学しました。

どんな薬剤師を目指していますか?

 将来は、さまざまな医療従事者と積極的に連携して、患者さんに寄り添える薬剤師を目指したいと思います。大学での授業の一つに、「学生が授業をする」ものがありました。グループで一つのテーマについて授業内容を構築していくのですが、その準備過程において、グループで作業を進める楽しさや一人ひとりが任されたことをやり遂げる責任感、そして何より主体的に学ぶことの重要性に気付きました。このような大学での学びを将来につなげたいなって思います。

学業以外で頑張っている事はありますか?

 今は学業中心の大学生活になっています。大学では授業の準備や課題があるので高校の時にイメージしていた大学生活よりも忙しいですが、最近ではけじめをつけて勉強出来るようになってきたのでこれからさまざまな事にチャレンジしていきたいです。

薬学部のいいところを教えてください。

 大学では福祉総合学部や看護学部と一緒に授業を受けることができます。私はケアプログラム創作ワークショップと言うものに参加しましたが、薬学部での友人とは異なる感性や発想をもった同級生と出会うことができました。将来、患者さんを前にして薬学的視点のみならずさまざまな視野で支援を行う上で、重要な機会であったと思います。
 またこの大学にはアドヴァイザー制度と言って、学生一人ひとりに教員が学習指導や大学生活のアドヴァイスをしてくれます。定期的に面談があり大学生活における悩みなどを気軽に相談できることは、とてもありがたいです。