在学生Voice在学生Voiceトップに戻る

国際人文学部 国際交流学科

ハンガリーで日本の素晴らしさを実感
日本の良さを世界中に発信したい

田中 雄貴さん
出身:大阪 帝塚山学院泉ケ丘高等学校

国際人文学部国際交流学科を選んだ理由を教えてください。

 私は中高生の頃から海外の映画や音楽が好きで、そのことが英語に触れる第一歩でした。将来は外国語を使って仕事がしたいと思っていた私にとって国際交流学科はピッタリの場所でした。国際交流学科では多くの外国人留学生が在籍しており、ネイティブの先生が、英語の授業をはじめ中国語や韓国語、ハンガリー語などの、豊富な第二外国語の科目も担当してくれます。さらに学んだことをキャンパス内ですぐに使うことができます。 また海外研修プログラムや留学制度が非常に充実しており、他大学と比較して海外に行きやすい環境が整っていること、この2点が国際交流学科を選んだ大きな理由です。

どんな事を中心に学んでいますか?

 国際コミュニケーションや第二外国語関連の授業(異文化理解や中欧諸国の文化研究など)を学んでいます。現在、ハンガリーのブダペスト商科大学に留学中です。こちらでは主にEU内における統合論や国際経済、ヨーロッパ史、ハンガリー語を学んでいます。英語を学ぶ留学ではなく、英語を使って国際経済やビジネスマネジメントを学ぶので非常に難しいですが、とてもやりがいを感じています。

留学生活で一番大変なこと、嬉しかったことを教えてください。

 留学生活において一番大変なことは自分に負けないことです。ブダペストに住み始めた頃は慣れないことだらけで大変でした。しかし月日が経っていくうちに素晴らしい友人たちにも出会え、ハンガリー社会のことを理解でき、最初に不安に思っていたことが嘘のように思えるようになりました。ハンガリーでは学生以外にあまり英語が通じません。しかしお店や駅など学外では、英語が話せない方とも話す機会は多々あります。そこでハンガリー語で会話をすると「上手ね」と褒めてくれます。この時が一番嬉しく感じる瞬間です。

将来の目標(夢)を教えてください。

 将来、英語はもちろんのこと、ハンガリー語も仕事で使用したいと思っています。ハンガリーに来てから改めて日本の良さを感じました。もちろんハンガリーにはハンガリーならではの素晴らしさがあります。しかしそれと同時に日本にしかない素晴らしさに気づくことができました。訪日観光ブームの今、私は世界の人に日本の良さをアピールできる仕事に就きたいと思っています。