在学生Voice在学生Voiceトップに戻る

福祉総合学部福祉総合学科 社会福祉コース

豊富な知識を兼ね備えた
ソーシャルワーカーを目指す

石塚 莉菜さん
出身:福島 県立白河高等学校

社会福祉コースを選んだ理由を教えてください。

 母が高齢者福祉施設に勤務しており、幼い頃から現場での話を聞いていたため、「福祉」に対する興味を自然と持つようになりました。大学への進学を考えたときから、将来はやはり福祉の現場で相談援助の職に就きたいと考えていたため、社会福祉士の国家資格が取得できる城西国際大学を選びました。進学先に選んだ一番の理由は看護学部、薬学部と合同で授業を受けられる「専門職連携教育」です。多職種連携の重要性や在り方について学べることは将来必ず役に立つと考えました。

どんな事を中心に学んでいますか?

 社会福祉士として必要な法制度などを座学で学び、演習などではグループワークやロールプレイを通し実践的なことを学んでいます。2年生後期の社会福祉士の実習は病院でしたが、利用者の方や職員の方との関わりの中で、福祉と医療の連携の実際を学びました。

将来の目標(夢)を教えてください。

 社会福祉士の国家資格を取得し、児童相談所で働きたいと考えています。大学の授業や実習で学んだことを活かして、相手の立場に立って物事を考え、豊富な知識を兼ね備えたソーシャルワーカーになりたいと思います。

学業以外で頑張っている事はありますか?

 積極的にボランティア活動に参加しています。地域の福祉施設で利用者の方と関わり、現場の職員の話を聞く機会を持つことで、より福祉の実際を学ぶことができます。また、聴覚障害を抱えた学生のために講義の筆記通訳を行う、ノートテイク活動にも参加しています。