在学生Voice在学生Voiceトップに戻る

福祉総合学部福祉総合学科 介護福祉コース

進学の決め手は
3学部合同の多職種連携教育

及川 隆斗さん
出身:岩手 県立花巻南高等学校

介護福祉コースを選んだ理由を教えてください。

 母が介護福祉士をしており、楽しそうに働いている様子を幼い頃から見てきました。その影響で自分自身も高齢者の役に立ちたいと思い、介護福祉士を目指せる大学を探していました。一番の決め手は介護福祉士と社会福祉士の2つの国家資格を取得することができ、将来の選択肢が増えること、また看護学部や薬学部もあり3学部合同での授業があると知り、介護福祉士として働くなかで多職種連携に役に立つと思い、この大学を選びました。

どんな事を中心に学んでいますか?

 介護技術の一つである力学的原理を活用した「ボディメカニクス」や認知症の原因となる病気などを学んでいます。介護職に携わる者として、必要なコミュニケーション能力を授業やボランティアなどを通して高めたり、今後の実習に必要なことを中心に学んだりしています。

将来の目標(夢)を教えてください。

 利用者の方から話しかけてもらいやすい、利用者にとって親しみやすい介護福祉士になりたいです。自分からも利用者に積極的な「声かけ」を行い、利用者の立場になって物を考えられる存在になり、今後の高齢化社会を支えたいです。

学業以外で頑張っている事はありますか?

 学業以外ではダンスサークルに所属しています。文化祭や地域のイベントなどに参加し、他学部の友人や先輩と交流できるので、充実した大学生活を送れています。