在学生Voice在学生Voiceトップに戻る

福祉総合学部福祉総合学科 子ども福祉コース

卒業と同時に保育士、幼稚園教諭の
ダブル取得に魅力を感じた

林 明日美さん
出身:千葉 昭和学院高等学校

子ども福祉コースを選んだ理由を教えてください。

 大学選びをする際、私は将来子どもに関わる職に就きたいと考えていたため、保育士と幼稚園教諭一種免許が取れる、城西国際大学の子ども福祉コースに興味を持ちました。大学の雰囲気も知りたかったため、オープンキャンパスに参加し、子ども福祉コースの体験授業も受けました。実際にどのようなことを学んでいるのかなどを知り、保育のことだけではなく、福祉にも強い子どものスペシャリストを目指すことのできるこの大学で学びたいと思い、子ども福祉コースを選びました。

どんな事を中心に学んでいますか?

 保育や幼児教育の専門性とともに、保育をするうえで大切な地域との連携も視野に入れた広い範囲の保育についても学んでいます。また座学だけではなく、ピアノ、幼児体育、造形、絵本の読み聞かせなど保育をするうえで必要な専門分野の授業もあります。初めは慣れないこともあり大変ですが、徐々に堂々と行えるようになるなど成長を実感できるようになります。また実習では実際に保育の現場行きます。子ども達や先生方の動きなど大学の授業では学べないこともたくさんあり、とても貴重な経験になります。

将来の目標(夢)を教えてください。

 大学卒業後は幼稚園教諭として働きたいと考えています。そのために保育士と幼稚園教諭一種免許の取得を目指して、日々勉強に励みたいと思います。幼稚園教諭になることができたら、子どもに寄り添い、子ども一人ひとりの気持ちを大切にできる保育者になりたいです。

学業以外で頑張っている事はありますか?

 一年生の頃から行っているオープンキャンパスのスタッフです。高校生の方とお話しする中で、子ども福祉コースに興味を持ってくれたり、笑顔で「ありがとうございました」などの言葉を貰えると、とても嬉しく、またそれが自信にも繋がっていきます。私が高校生の頃に参加した城西国際大学のオープンキャンパスに、今スタッフとして、参加できていることをとても誇りに感じています。